打撃練習するソフトバンク・今宮=北九州市

 ソフトバンクの今宮健太内野手が18日、北九州市で練習を公開し、打率3割、20本塁打を目標に掲げるとともに「ベストナインを目指したい」と話した。

 昨季は左太もも裏を痛めて99試合の出場にとどまったが「ダッシュもできるようになったし、あとは確認の部分」と順調な回復ぶりをアピール。フルスイングで約2時間、バットを振り続け「打ち込むことがテーマ。打たないと試合に出続けられない」と定評のある守備に加えて、打撃面での飛躍を誓った。

 プロ10年目となる今季は、かねて希望していた背番号6をつける。「チームの先頭に立って1年間戦いたい」と決意を新たにしていた。

関連記事