大学入試センター試験志願者の推移

 2019年度大学入試センター試験は1月19~20日、全国一斉に行われる。志願者数は全国で57万6829人、福井県内は3476人が受験を予定している。試験は19日に地理歴史・公民、国語、外国語があり、20日に理科、数学が行われる。

 福井新聞オンラインは試験当日、大手予備校河合塾による問題分析を速報する。

⇨センター試験2019、英語の分析速報はこちら

⇨センター試験2019、国語の分析速報はこちら

⇨センター試験2019、地歴分析速報はこちら

⇨センター試験2019、公民分析速報はこちら

 大学入試センターのまとめによると、福井県内3476人の内訳は現役生3191人、既卒者285人。前年度の志願者は3538人で62人減った。

 県内の試験会場は福井大学の文京キャンパスと松岡キャンパス、福井県立大学の永平寺キャンパスと小浜キャンパス、福井工業大学の福井キャンパスの5カ所。

 試験後の予定は、平均点の中間発表が23日、得点調整の有無の発表が25日、平均点の最終発表が2月7日。体調不良などで受験できなかった志願者らを対象とした追試は1月26~27日に東京と京都の2会場で実施する。

関連記事