杉原愛子

 体操女子で2016年リオデジャネイロ五輪代表の杉原愛子が、所属していた朝日生命を昨年末で退部したことが16日、関係者への取材で分かった。移籍先は未定。

 19歳の杉原は15年にNHK杯で優勝。同年末に朝日生命に入部し、04年アテネ五輪男子団体総合金メダリストの塚原直也総監督らから指導を受けてきた。昨年は世界選手権代表に選出されたが、腰痛で出場できなかった。

関連記事