総務省消防庁は15日、市場が拡大している加熱式たばこの主要3製品に関し、紙巻きと比べて火災発生の危険性が低いとの検証結果を公表した。ただ、今後も新たな製品の登場が想定されるため、全ての加熱式を対象とした安全基準の検討が必要だとしている。

 3製品は「アイコス」「グロー」「プルームテック」。火災となる可能性が高い状況を再現し、燃焼の有無や温度の高低などを調べた。

 寝たばこを想定し、たばこを布団に置いた実験では、紙巻きは布団が焼けたが、加熱式は燃焼しなかった。丸めたティッシュが入ったごみ箱への投棄でも、3製品はいずれもすぐに温度が下がり異常が見られなかった。

関連記事