【モスクワ共同】ロシア外務省のザハロワ情報局長は、日ロ平和条約締結への米国の支持を求めた河井克行自民党総裁外交特別補佐の発言について「対ロ交渉で日本になぜ米国の支持が必要なのか、理解できない」と疑問を呈した。13日のロシア国営テレビの番組で発言、14日の日ロ外相会談を前に日本批判を強めた。

 ザハロワ氏は「日ロ関係が発展しているのに、日本側は米国の支持を要請し、まるでロシアとの平和条約交渉に参加してほしいかのようだ」と述べた。

 河井氏は8日に米ワシントンで講演し、日ロが中国に共同対処するためにも日ロ平和条約締結が重要だとして米国の支持を求めた。

関連記事