【論説】「ピアサポート」は、同じ病気を抱える患者やその家族らが集まり、情報交換したり、互いの悩みを打ち明けたりして支え合う活動である。病気の最新知識を学び、より良い医療機関を探し、さらに充実を働き掛けるなど、重要性が高まっている。

 ピアは、仲間を指す言葉。県内では「がん診療連携拠点病院」ごとに、がん患者らが集う初歩的な「サロン」をはじめ、リウマチや心臓病、失語症などさまざまな病気の患者らが組織する「患者会」が50以上あるとみられる。医師や看護師らを交えている会もある。

 ネット社会での情報過多に振り回され疲弊する人も多い中、落ち着いた雰囲気で顔の見える集まりは、安心感をもたらし、患者らが前向きになるきっかけになるという。そこから発信される当事者の声に耳を傾けることで医療関係者の意識が高まり、患者に真摯(しんし)に向き合い新たな治療体制を模索する“ピア医療”の原動力にもなっている。

 ただ、運営は決して順調ではない。本紙「健康」面で連載中の「ピアサポートの輪@ふくい」では「新薬の情報が得られて役に立つ」「身内にも言えなかった悩みが吐きだせた。仲間がいると感じることは有意義」といった感想がある一方で、高齢化による会員の減少や、体力や資金面で活動を率いる難しさを訴える声も目立つ。

 集会の段取りや講演会などの手配、会報の発送…。現在病気に苦しんでいる人や、かつて病気を経験した人たちの集まりであり、心身の負担は大きい。「ピアサポートを志す人には頭が下がるが、負担にならないようにしてほしい。病気が重くなったら活動が滞ってしまう」。このほど福井市内で初めて行われた県内の患者会の交流会のアンケートには切実な言葉が並ぶ。

 ピアサポートの理念の一つに「支え合い」があるが、資金面も含めて限界がある。活動の継続には、運営を担う一般や医療関係者らによるサポーター(支援者)養成などの仕組みづくりが急務になっている。

 県内では、サポーターに関する勉強会が時折開かれているが、本格的な養成システムはまだない。これまで患者会を率いてきた人が、病気の体にむち打ちながら、自主的に県外の医療機関などが開く養成講座に参加し、ノウハウを培っているのが現状だ。

 厚生労働省は昨秋、認知症に関するピアサポート活動の補助制度を新設する方針を固めたが、行政や医療機関などには一層の取り組みを求めたい。若い世代に活動を託していく環境づくりも必要だろう。患者が地域の中で安心できるよう、一般県民が“当事者意識”を持つことも大切だ。

関連記事