出席者全員に地元産の眼鏡が配られた鯖江市の成人式=1月13日、福井県鯖江市文化センター

 1月14日の成人の日を前に13日、福井県内全17市町で平成最後の成人式が行われ、計8284人が大人の第一歩を踏み出した。真新しいスーツや華やかな振り袖姿の新成人たちは希望に満ちあふれ、式典会場で旧友や恩師との再会を喜んだ。

 鯖江市では、市文化センターでの成人式に参加した617人全員に、記念品として地元産の眼鏡を贈った。高い技術力を誇る古里の産業を再認識するとともに、日頃から「めがねのまち」を勤務先や学校で広く発信してもらう狙いだ。

 昨年に続く取り組みで、男性用、女性用ともプラスチック製やチタン製など3パターンを用意した。デザインは今年だけのオリジナルで、新成人でつくる成人式実行委員会の意見を取り入れ、ファッション性の高い製品を完成させた。つるに「20years old Anniversary2019」と刻まれている。

 県眼鏡工業組合の協力を得て、市内のメーカーに製作を依頼した。眼鏡拭き、ケースとともに受付で一人一人に配った。

 式の最後に全員で眼鏡を掛けて記念撮影した。実行委員は「おしゃれに仕上がって満足している。視力の良い人もファッションとして掛けてもらえたら」と話した。

関連記事