1月12日に放送の『ドッキリGP』に出演したジェジュン(C)フジテレビ

 韓国出身の歌手・ジェジュンが12日放送のフジテレビ系『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP 突然アイドルと2人きりでハッピーサプライズSP』(後7:00)のスタジオに初登場する。「この番組はいろいろな種類のドッキリがあって、最初から最後まですごく楽しいのですが、一度出演すると、普段一緒にいるまわりの人たちも、もしかしたら仕掛け人なんじゃないかっていう目で見るようになってしまいます(笑)」と収録の感想を述べた。

【写真】インタビューショット!スラッとしたスタイルのジェジュン

 ジェジュンが印象に残ったというのは『田舎で大好きなアイドルと突然2人きり! マンガみたいなベタ展開サプライズ』。A.B.C-Zの塚田僚一が考えたこのドッキリは、熊本に住む中学3年生の柔道少年の前に「ドラマの撮影の合間に、こっそり仕事を抜け出してきた」という設定で、あこがれのSKE48・須田亜香里が突然現れるといった夢のシチュエーション。胸キュンな展開にジェジュンは「『テラスハウス』よりもキュンキュンしちゃう」と思わず大興奮。

 「地方に行ってファンの方と偶然出会ったふりをして、そのままデートするというやつは、すごくよかったですね。あと妖怪まくら返しも、あの(妖怪)メイクまでしてぜひやってみたいです。すごくスリルがありますよね」と“妖怪枕返し”に扮して、寝ている人の枕を勝手にひっくり返す“仕掛け人”にも意欲。一方で「でも、絶対にやられたくはないですが(笑)。自分は寝相はいい方だと思いますが、寝るときはパンツ1枚か、裸のことが多いので、突然来られたらちょっとびっくりしてしまいます(笑)」とプライベートの一面ものぞかせた。

 新年一発目の放送となる今回、今年の抱負を聞かれたジェジュンは「2018年は久しぶりに日本でたくさん活動ができて楽しかったので、今年はさらにがんばりたいですね。ツアーでいろいろなところへ行くので、ぜひ会いに来ていただけるとうれしいです」とファンに向け呼びかけていた。

 また『秒でドッキリ』シリーズには“みちょぱ”こと池田美優、超特急・ユースケらがターゲット。そして『パパ芸能人に感謝のサプライズ』では、北村春男弁護士に舞台女優として活躍中の娘・まりこからのサプライズドッキリを敢行。普段は冷静沈着な北村弁護士が涙をみせる。

関連記事