映画「ボヘミアン・ラプソディ」の一場面(Alex Bailey/20世紀フォックス提供・AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】英ロックバンド「クイーン」の軌跡を描き世界的に大ヒットした映画「ボヘミアン・ラプソディ」について、日本で「応援上映」と呼ばれている、歌詞に字幕を付けて観客が一緒に歌ったり騒いだりできる上映会が、11日から全米やカナダの750以上の映画館で始まる。配給を手掛ける米映画大手、20世紀フォックスが9日発表した。

 日本ではリピーターが続出し、クイーンのメンバーと同じような衣装で参加する人も多い。米国でも“疑似ライブ体験”に人気が集まりそうだ。

関連記事