山形市消防本部は10日、通信指令課に勤務していた男性職員が女性職員の仕事用の靴を故意に体液で汚し、先月依願退職したと明らかにした。

 同本部によると、男性は昨年4月9日夜、休憩中に消防本部の会議室の一角を仕切った女性更衣室に入り、靴の中を体液で汚したとされる。内部調査で誰の仕業か判明せず、女性は5月、山形署に被害届を出した。

 署が11月、消防本部の職員約40人にDNA型鑑定への協力を要請。男性が名乗り出て「誰の靴かは知らなかった。迷惑を掛けて申し訳ない」と行為を認めた。男性は女性と示談し退職の意思を示したため、同本部は懲戒処分を見送った。

関連記事