羽織袴姿で来場者を出迎えるフクイサウルスの実物大模型=1月5日、福井県勝山市の県立恐竜博物館

 福井県勝山市の福井県立恐竜博物館の一角に、羽織はかま風の衣装を身に着けた恐竜模型がお目見えしている。華やかな姿におめかしし“新春サウルス”はご満悦の様子。一段とりりしい表情で来場者を出迎えている。1月20日まで。

 正月に合わせ、フクイサウルスの実物大模型に福井文化服装学院(福井市)の学生たちが作った衣装を着せた。全長4・7メートル、高さ2・3メートル。巨大な体を光沢感のある羽織とはかま風の生地で覆い、頭には烏帽子(えぼし)をかぶせた。羽織には恐竜の頭蓋骨のシルエットが家紋のように施され、男らしさを増している。

 1月5日は、家族連れらが模型と写真を撮るなど人気を集めていた。長野県から訪れた4歳児は「恐竜さんかっこいい」とくぎ付けの様子。同館の山口辰幸営業推進課長は「リアルな恐竜と愛らしい衣装のギャップを楽しんでほしい」と話した。

 同館は3日時点で本年度累計入館者数が80万人を突破し、オープンした2000年以降最速を記録した。恐竜映画とのタイアップイベントや、メディアでの紹介などが来場につながっているとし「今後も恐竜たちとの楽しい思い出をお持ち帰りいただけるように、展示内容の充実やイベントの開催に努めていく」としている。

関連記事