津市の国道23号で乗用車と衝突したタクシー=昨年12月30日、津署

 津署は4日、津市の国道23号で12月29日にタクシーと乗用車が衝突した事故で、意識不明の重体だった同市片田新町の会社員大西朗さん(31)が3日夜に死亡したと明らかにした。死因は多臓器不全。事故の死者は計4人となった。

 事故は29日夜に起きた。大西さんら客4人が乗ったタクシーが飲食店の駐車場から右に向かおうと国道に出た際、同市の男性会社役員(56)の乗用車が衝突。タクシー運転手(44)と乗客2人の計3人が死亡、もう1人の乗客と会社役員が重傷を負った。

 大西さんらは店で食事をし、約1キロ離れた飲食店街に向かおうとしていたとみられる。会社役員は帰宅途中だった。

関連記事