恐竜獅子にかまれる観光客=1月3日、福井県勝山市村岡町寺尾

 福井県勝山市のNPO法人恐竜のまち勝山応援隊は1月3日、福井県立恐竜博物館駐車場で恐竜もちつき会を開いた。恐竜をイメージした獅子も登場し、観光客をもてなした。

 同NPOが新年を祝い開く恒例イベント。勝山産のもち米3キロを用意し、同博物館を訪れる観光客についてもらった。

 スタッフのかけ声とともに子どもたちが次々に笑顔できねを振り下ろした。

 また手作りの恐竜の頭をした獅子も登場。子どもたちはちょっと怖がりながら恐竜獅子に“かみつかれて”いた。岐阜県から家族と訪れた男児(3)は「ちょっと恐竜の顔が怖かったけれど楽しかった」と話していた。

 冬季限定で同NPOが開設する雪遊び会場「かつやま恐竜の森スノーランド」は雪が積もり次第、同駐車場にオープンする。

関連記事