北陸新幹線

 1月2日午後4時25分ごろ、北陸新幹線の金沢―長野駅間の上下線で再び運転を見合わせ、約1時間10分後に運転を再開した。この影響で列車に運転取りやめや遅れがでている。

 JR西日本によると、同日午後1時5分ごろ、金沢駅構内で信号トラブルが発生。仮復旧作業のための同3時5分ごろまで同区間の上下線で運転を見合わせた。その後、再度の復旧作業のため同区間で運転を見合わせた。

 運転取りやめとなった列車は次の通り。

【富山⇒金沢方面】
・かがやき531号 (長野駅~金沢駅間)
・はくたか561号 (富山駅~金沢駅間)
・つるぎ717号 (富山駅~金沢駅間)
・つるぎ719号 (富山駅~金沢駅間)
・つるぎ721号 (富山駅~金沢駅間)
・つるぎ723号 (富山駅~金沢駅間)
・つるぎ725号 (富山駅~金沢駅間)
【金沢⇒富山方面】
・かがやき532号 (金沢駅~長野駅間)
・はくたか566号 (金沢駅~富山駅間)
・つるぎ712号 (金沢駅~富山駅間)
・つるぎ714号 (金沢駅~富山駅間)
・つるぎ716号 (金沢駅~富山駅間)
・つるぎ718号 (金沢駅~富山駅間)
・つるぎ720号 (金沢駅~富山駅間)
・つるぎ722号 (金沢駅~富山駅間)

関連記事