丸岡―東山 後半終了間際、同点ゴールを決める丸岡・宮永任(10)=12月31日、神奈川県横浜市のニッパツ三ツ沢球技場

 第97回全国高校サッカー選手権は12月31日、1回戦15試合を実施。3大会ぶり29度目出場の丸岡(福井)はニッパツ三ツ沢球技場(神奈川県横浜市)でインターハイ4強の東山(京都)と対戦し、2―2からのPK戦を5―4で制し2回戦に進出した。福井県勢の全国選手権勝利は6大会ぶり。

 ⇒【詳しく】県勢勝利「丸岡がやるしかない」

 丸岡は前半立ち上がり、明間希が倒されPKを獲得。田海寧生のキックは1度GKに阻まれるも、こぼれ球を押し込み先制した。

 その後1―2と逆転されたが試合終了間際、主将の宮永任がペナルティーエリア内から鮮やかなシュートをゴール右に沈め同点に追い付いた。PK戦ではGK倉持一輝が相手3番手のキックを阻み、5―4で競り勝った。

 東山は久乘聖亜と井上竜稀のゴールで丸岡をリードしたが、土壇場で痛恨の失点を喫した。

 丸岡は1月2日の2回戦で米子北(鳥取)と対戦する。

■福井県勢の近年の成績

97回○丸岡2―2(PK5―4)東山
96回●北陸1―3日章学園
95回●北陸0―1鹿児島城西
94回●丸岡1―1(PK1―4)松山工業
93回●丸岡1―2立正大淞南
92回●丸岡0―3広島皆実
91回●丸岡1―4京都橘
91回○丸岡2―1広島観音

関連記事