JR西日本によると12月31日午前11時20分現在、北陸線上りの一時運転見合わせの影響で特急列車4本、新快速列車1本に最大35分の遅れが出ている。約1500人に影響が出た。

 午前8時48分金沢発・特急しらさぎ 25分遅れ

 午前9時4分金沢発・特急サンダーバード14号 35分遅れ

 午前9時20分金沢発・特急サンダーバード82号 15分遅れ

 午前9時54分金沢発・特急サンダーバード16号 15分遅れ

 午前10時23分敦賀発・新快速 20分遅れ

  ×  ×  ×

 JR西日本によると12月31日午前9時50分ごろ、北陸線の敦賀駅で上り線の線路の外側のバラスト(敷石)にくぼみを発見したため、上り列車の運転を1時間近く見合わせた。

 帰省で混雑している下り線は通常通り運行している。JR西日本によると午前10時現在、北陸方面に到着する北陸新幹線、在来線特急列車で自由席乗車率が100%を超えた列車はサンダーバードが6本中2本、しらさぎが3本中2本。指定席の予約状況(30日午後1時調べ)は北陸新幹線のかがやきが18本中12本、はくたか15本中11本が満席。サンダーバードは28本中19本、しらさぎ18本中7本が満席。

関連記事