高齢者てんかんの特徴

 高齢社会の進展に伴い、高齢者てんかんが増えている。てんかんというと、けいれんするイメージが強いが、高齢者てんかんは、ぼーっとして反応がなくなるだけの発作が多い。発作中の記憶が抜け落ちており、家族はてんかんだと思わず、認知症と間違いやすい。福井県内唯一のてんかん専門医、今村久司医師(福井赤十字病院神経内科副部長)は「反応に乏しくなるような発作が繰り返しあるような場合は、高齢者てんかんの可能性もある。神経内科を受診してほしい」としている。

 てんかんは、脳の神経細胞の一部が一時的に激しく興奮して発作を起こす。軽い発作から意識を失う場合までさまざまな症状がある。基本的に一過性で、発作が終わると元通りの状態に回復するのが特徴。入浴や食事中、車の運転中に意識が消失する発作が起きると危険だが、適切な治療によって、多くの場合は発作は抑制でき、特に日常生活に制限はない。2年間発作がなければ、車の運転もできる。

 日本では100~200人に1人が患う。日本てんかん協会によると、患者数は全国に約100万人、県内に4千~8千人いるとみられる。小児と60代以降に発症が多い。

 乳幼児や児童のてんかんは、生まれつきの素因や感染症が主な原因。一方、高齢者てんかんの病因は脳卒中や認知症といった加齢に伴う脳の異常が中心で、原因不明の場合もある。発作の症状は▽動作を停止し、ぼーっと同じ所を見ている▽声を掛けても返事せず、口や手をもぞもぞ動かしている-などが多い。症状は2~3分間続き、その間の記憶はほぼない。

 治療の中心は、抗てんかん薬による薬物療法だ。正しく服薬すれば、患者の6割以上は1剤、あるいは2剤の併用で発作を抑えられる。難治性の場合は原因部位を切除する手術を検討する。ただ、原因部位が言語や運動をつかさどる部位だったり、特定できない場合は手術できない。近年は鎖骨下の皮下に電気発生装置を埋め込み、首付近の迷走神経を刺激する「迷走神経刺激療法」を使うこともある。

 県内の日本てんかん学会専門医は今村医師1人だけで、手術や迷走神経刺激療法は県外の医療機関に紹介して行っている。てんかんの県内の診療体制は手薄になりつつあるという。今村医師は「高齢者てんかんの患者は増えていくと思われる。疑われる発作がみられたときは、携帯電話、スマートフォンなどで撮影してほしい。その動画を医師に見せることで、より的確に診断できる」と話している。

関連記事