12月29日午後6時現在の天気図(気象庁HPより)

 福井県内は12月29日、強い冬型の気圧配置の影響で県内5カ所で氷点下を観測した。大野で氷点下4・2度、勝山で同3・8度、南越前町今庄で同1・8度、坂井市春江で同1・5度、福井は同0・5度を記録。福井を除く4カ所は今季最低の冷え込みとなった。

 29日午後3時時点の積雪量は大野市九頭竜38センチ、大野17センチ、福井6センチ。30日も引き続き、強い冬型の気圧配置となり、山沿いを中心に雪が降る見込み。同日午前6時から午後6時までの12時間の予想降雪量はいずれも多いところで嶺北の平地2センチ、山地5センチ、奥越10センチ、嶺南の平地3センチ、山地10センチとなっている。

 予想最高気温は福井4度、大野2度、敦賀5度。予想最低気温は福井1度、大野氷点下2度、敦賀2度。高波や落雷にも注意が必要。

関連記事