出迎えた家族と再会し、笑顔を見せる帰省客=12月29日午後1時5分ごろ、福井県福井市のJR福井駅

 年末年始を福井で過ごす人の帰省ラッシュが12月29日、ピークを迎えた。JR福井駅には出迎えの人が集まり、電車から降りてくる子どもや孫と再会を喜び合った。

 福井県福井市出身の女性(33)=愛知県名古屋市=は、息子(2)と帰省。迎えに来ていた女性の父(56)は「お帰り」と、目を細めながら孫を抱っこした。女性は「お母さんが作る牛肉と納豆とこんにゃくのあえ物が食べたい。既にリクエストしてあります」と、楽しみにしていた。

 JR西日本金沢支社によると、同日午後4時までの特急の自由席乗車率は、名古屋発金沢行きのしらさぎ9号が200%になるなど、県内を通る下り22本が100%を超えた。雪や混雑の影響で、一部は10分程度ダイヤが乱れたが目立った混乱はなかった。Uターンのピークは京都・大阪方面は1月2日、名古屋・東京方面は3日の見込み。

関連記事