福井県迷惑防止条例の改正点

 12月1日の土曜日、福井県の福井市役所本館の女性用トイレに、盗撮目的で小型カメラが仕掛けられた。閉庁日で不特定多数の一般市民が出入りできない状態のため、改正前の福井県迷惑防止条例では摘発できないケース。それが1年前の改正により、トイレは個人宅も含めた全ての場所に拡大されていたため、本館勤務の市職員の男(27)=依願退職=の逮捕に至った。新たな規制の網に掛かった形だ。

 条例改正前は、画像や映像が記録されていなければ、盗撮が目的でも設置だけでは同条例で処罰できなかった。改正後は、下着姿などを盗撮できる場所であれば、カメラの設置行為そのものを禁じた。市役所のトイレに仕掛けられたカメラには用便をする女性の姿は映っていなかったため、この点の規制強化がなければ条例で摘発できなかった可能性もある。

 改正条例は昨年12月に施行された。「公共の場所・乗り物」としていた規制場所を、「特定多数が利用する場所・乗り物」にも拡大。集会場や事務所、教室、送迎バスなどが新たに対象となった。「公衆が利用する浴場、便所、更衣室など」と公共性のある場所に限られていた脱衣場所は、浴場やトイレなど服を脱ぐ場所であればどこでも適用できるようになった。

 県警生活安全企画課によると、盗撮の摘発は今年29件(12月21日現在)あり、このうち規制強化で摘発できた事件は、職場のトイレと更衣室の計5件を含む13件に上った。同課の担当者は「被害者のためにしっかり摘発できるようになった」と話す。

関連記事