東京商工リサーチ福井支店によると、マタニティ・ベビー用品店「ピーターママ」運営のビートル(本社福井県福井市問屋町1丁目、簑輪栄作社長)は12月27日までに福井地裁へ自己破産申請し、破産手続き開始決定を受けた。負債額は計約5億2千万円。

 もともとピーターママを経営していたピーター商事(2007年清算)から事業を分割する形で06年に設立。出産準備用品やベビー用品などを販売していた。最盛期には県内外に7店舗を展開し、10年7月期は約8億円の売上高を計上した。

 しかし同業他社との競争激化などで売り上げが低迷。14年7月期の売上高は約3億5千万円に落ち込み、損益は約1億円の赤字となった。14年秋ごろまでに全ての店舗を閉鎖し、事業を停止していた。

関連記事