ルツィフェルたちは、地上では、自分だけの力でキリストを体験することができませんでした。人間がキリストの力をふさわしい仕方で受け入れたとき、このルツィフェルも使命を達成して、解放されるでしょう、そして人間自身もそれによって、力強く生きるようになるのです。」と『シュタイナー霊的宇宙論』(高橋巌訳 春秋社)には書かれてあるのです。

 シュタイナーは「悪」の存在として他にルツィフェルのほかにアーリマン、アシュラを挙げているのです。

※シュタイナーの言う「地球紀」は、七つの進化期から成り、
(1)ポラール期
(2)ヒュペルボレイオス期
(3)レムリア期
(4)アトランティス期
(5)現在の後アトランティス期にいたっている(『アカシャ年代記』参照)
(『シュタイナーの霊的宇宙論』第一章 叡智の公開 訳注より)

関連記事