男性はいったいいくつまで父親になることが可能なのか
57歳の男性が、27歳のフィリピン人女性とお見合い結婚をした。2年間の婚活の末、彼が最終的に国際結婚を選択したのは、子どもが欲しかったからだ。
仲人として婚活現場にかかわる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、「高齢で子の親になる人生」について考えたいと思う。

50代、60代になっても「子どもが欲しい」

「お見合い結婚がしたい」と、結婚相談所の門戸をたたく40代、50代、60代の男性の中で多いのが、「子どもが欲しい」という要望だ。

 

少子化が進む日本にとって、1人でも多くの子どもが誕生するのは望ましいこと。だが、親が高齢だった場合、大変なのはそこからの子育てだ。1人の子どもが成人するまでにかかる養育費は、1500万~3000万円と言われている。医学部や芸術系大学に進めば、親の経済的負担はもっと多くなるだろう。この金額が賄えるかどうかが、大きな問題となる。

ところで、男性はいったいいくつまで父親になることが可能なのか。

人間国宝の歌舞伎役者、故・中村富十郎は、74歳、昭和の名優、故・上原謙は71歳で父親になっている。近年では、石田純一、三田村邦彦、市村正親、加納竜、清水国明などが60歳を超えて父親になっている(敬称略)。

こうしたニュースが華々しく報道されると、“50代、60代になっていても、子どもを授かるのは可能なこと”と考えてしまう男性も多いことだろう。

また、女性もしかりで、40代で出産したタレントのニュースは華々しく取り上げられる。晩婚化が進む近年は、40歳を超えても母になりたいと思う女性は後を絶たない。

しかし、男女ともに高年齢になれば出産にリスクが伴うことは、もう周知の事実。そんな中でも、「私だけは大丈夫」と思っている人が多いのだろうか。

今から3年前のこと、井崎正太郎(当時55歳、仮名)が、面談にやってきた。大学を卒業してからずっと会社員をしていたが、40代後半で起こした事業が成功し、年収は1500万円あるという。

■東洋経済オンラインの関連記事■
30~40代男の「若い子との結婚」が無謀なワケ
子どもを諦めきれない54歳婚活男性の問題点
なぜ「離婚男性」の病気死亡率が高いのか

関連記事