正月に向け製造が最盛期を迎えているかまぼこ=12月25日、福井県福井市高柳1丁目の安田蒲鉾

 おせち料理に欠かせない、かまぼこの製造が福井県内でピークを迎えている。福井市高柳1丁目の安田蒲鉾では12月25日、つやつや輝く蒸したてのかまぼこがずらりと並んだ。

 同社では今月20日ごろから特別態勢で臨んでおり、スタッフを通常の約50人から約70人に増やし、連日午前2時半から午後10時ごろまで製造に当たっている。

 工場では、次々にかまぼこが蒸され、社員らが機械を使って手際よく梱包していった。31日までに約25万本の生産を見込む。

 正月は、グチ、スケトウダラといった高級すり身を使った紅白や最上級の商品の需要が高い。高度な技術を要する金箔入りの注文も多いという。

 県内の量販店や県外の料亭などに出荷される。安田泰三社長は「正月のかまぼこは縁起物。分厚く切って歯応えを楽しんでほしい」と語った。

関連記事