宮城県が2019年度の観光キャンペーンに起用する人気アニメ「サザエさん」の登場キャラクター((C)長谷川町子美術館)

 宮城県は25日、人気アニメ「サザエさん」と「ポケットモンスター」に登場するキャラクターを2019年度の観光PRのキャンペーンに起用すると発表した。幅広い世代を呼び込む狙いがあり、東日本大震災の復興支援の一環として実現する運びとなった。

 村井嘉浩宮城県知事は同日の記者会見で「(誘客したい)ファミリー層や親子3世代に訴求するには、最適だと考えた」と意義を強調した。

 県によると、「サザエさん」は19年5〜9月に登場。主人公のサザエさんや弟のカツオ君らが観光地を訪れて、魅力をアピールする動画などを作る。

 19年10月〜20年3月は、ポケモンのラプラスを起用する。

関連記事