青色のカーテンが目を引く大関コミセンのイルミネーション=福井県坂井市坂井町東

色とりどりの電飾で味岡山の周囲を豪華に彩るイルミネーション=福井県坂井市丸岡町八ケ郷

 福井県坂井市内ではまちづくり協議会(まち協)などが飾り付けたイルミネーションが“競演”している。コミュニティセンター(コミセン)や名所を照らす幻想的な光は、地域と住民の心も明るくしている。

【D刊】写真もっと

 市まちづくり推進課によると、コミセンに設置したのは大関、加戸・公園台、鳴鹿の3まち協。長畝地区の「のうねの郷づくり推進協議会」は、約100メートル四方の味岡山を囲うように飾り付け「平成ありがとう」の文字を浮かび上がらせた。

 城のまちまち協は、西里丸岡の通称「さくら通り」の約80メートル沿いの桜の木に飾り付けた。JR丸岡駅周辺の住民でつくる「丸岡駅にこにこプロジェクト」も、今年から同駅のイルミネーションを始めた。

 一方、坂井市観光連盟は市内の3施設のイルミネーションPRキャンペーンを行っている。3施設は県総合グリーンセンター、同市ゆりの里公園、芝政ワールド。各施設で撮影した写真に「#(ハッシュタグ)サカイルミ」を付け、写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿すれば、抽選で同市の特産品などがもらえる。応募は2月28日まで。問い合わせは同連盟=電話0776(43)0753。

 点灯期間と時間は次の通り。

 ▽味岡山(のうね) ~1月31日、午後5時~同9時
 ▽大関コミセン ~1月中旬、午後5時~同10時
 ▽加戸・公園台コミセン ~12月31日、午後5時~同9時
 ▽鳴鹿コミセン ~1月下旬、午後4時半~同9時半
 ▽さくら通り(城のまち) ~3月31日、午後5時~同10時
 ▽JR丸岡駅(丸岡駅にこにこプロジェクト) ~12月31日、午後4時半~同10時半

関連記事