カトリック教会の前田万葉枢機卿(69)は24日、被爆地の広島と長崎を来年末にも訪れる意向を示したローマ法王フランシスコの訪日時期が、来年11月後半以降になる可能性が高いとの見通しを明らかにした。訪日が実現すれば、法王は両被爆地で核兵器廃絶と平和を訴えるメッセージを発するとみられるという。

 前田氏によると、日本では新天皇即位に伴う重要祭祀「大嘗祭」の中心儀式が来年11月14日から2日間にわたり催されることから、その後の来日を法王は考えているという。滞在期間は3泊前後で検討しており、新天皇や首相と面会するため東京も訪ねる意向だ。

関連記事