性別を女性から男性に変更した山口颯一さん

 幼少期から「男の子」だと思って生きてきた。男性器は大人になったら生えてくると思っていた。小学高学年で体の成長を学び、男性器が生えてこないと知り、胸が大きくなることを知った。自分じゃない着ぐるみを着ているようで、女の子として生きていくのは限界だった。

 好きな子は女の子だった。頑張って男の子を好きになろうとしたが無理だった。誰にも相談できず自殺しようとしたが、仲の良い友達に止められた。

 高校生のとき友達に打ち明けた。「何かあったら相談して」と言われ、すごく心が楽になった。19歳のときには父親に告白した。激怒されるだろうと思ったら「わが子に変わりはない。自分の人生、自分で決めろ」と言われた。あの一言がなかったら今のような前向きな自分はない。

 18歳でホルモン注射を始め、20歳で海外で性別適合手術を受け、戸籍を女性から男性に変えた。今年4月から手術が医療保険適用になったが、自由診療のホルモン療法をしていたら保険はきかない。手術の前に、望む性のホルモンを投与して、体に合うかどうかを確認することは治療の基本。実態に合っていない。

 LGBT(性的少数者)が笑顔で生きられるロールモデルを地方からつくりたい。ある地方のLGBTの友達は、親に告白して非難され、自殺した。三重や福井といった地方は、LGBTに関して保守的で理解が進んでいるとは言い難い。一方で取り組みに協力してくれる大企業は増えてきた。地方の中小企業もそうなってほしいと思う。

 4年前に講演を始めたときは、LGBTという言葉を知っている人はほとんどいなかった。最近は理解が進み「LGBTの友達いますよ」と言う学生も増えてきた。多様な性を身近に感じてくれるようになった。

 性に悩んでいる子どもたちには、LGBTを否定しない人は必ずいる、居場所は必ずあると言いたい。

 LGBTは左利きの人と同じぐらいの割合で存在するという調査結果がある。でも左利きより認知度が低いのは本人が告白できないから。だから、みんなで相談しやすい環境をつくってほしい。そして聞いた内容を勝手に周囲に話してしまう「アウティング」には気を付けてほしい。アウティングは、当事者の命を奪うほど追い込んでしまうことがあるから。

 ■やまぐち・しょういち 1990年、三重県生まれ。20歳で性別を女性から男性に変更。2014年から講演を始め、16年にダイバーシティー(多様性)の啓発団体「ELLY」設立。三重県男女共同参画社会推進協議会委員も務める。同県伊勢市在住。

  ×  ×  ×

 福井県を訪れる、さまざまな分野で活躍する著名人や識者にインタビューし、福井へのメッセージや専門的な立場からのアドバイスを聞く。

関連記事