共同訓練する海上自衛隊の護衛艦いずも(奥)、米海軍の潜水艦(中央)、英海軍のフリゲート艦アーガイル(手前)=22日、本州南方の太平洋沖(海上自衛隊提供)

 海上自衛隊は23日、本州南方の太平洋で22日に米英の艦艇と共同訓練を実施したと公表した。海自からは、改修して事実上空母化することが決まったヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」が参加。3カ国での共同訓練は初めてといい、連携を示すことで海洋進出を強める中国をけん制する狙いがあるとみられる。

 海自によると、米海軍の潜水艦や哨戒機、英海軍のフリゲート艦「アーガイル」が参加。米海軍の潜水艦を敵に見立て、日米英で情報交換しながら捜索するなどの訓練を行った。

関連記事