PHVを電源とした3月の福井県鯖江市西山公園での訓練放送。今回はFMアンテナなど機材のない場所からの生放送となる

 福井県の丹南地区でコミュニティーFM「たんなんFM」を放送するNPO法人「たんなん夢レディオ」(鯖江市)は12月25日、越前市のあいぱーく今立でプラグインハイブリッド車(PHV)を電源にした公開生放送を行う。

 同市東部地域の防災・コミュニティーの拠点として9月に供用が始まったあいぱーく今立は、災害発生時には現地対策本部の設置や調理室での炊き出しも行う。同法人の菅原藤理理事長は「出張生放送で、万一の際の施設の役割や情報発信の重要性を広く知ってほしい」と話している。

 同FMのレギュラー番組「あさらじ」の特番として「サンタがラジオにやってきた」と題し午前9時に開局。Matsuda Fumiyaさんのバイオリンコンサート、デュオ「まさよし」さんのライブなどを届ける。子ども向けに紙芝居もある。同11時50分終了で入場無料。

 生放送の電源には停電が発生した際に電源供給車となる「プリウスPHV」を使う。同FMと協定を結んだネッツトヨタ福井から提供を受ける。フル充電、ガソリン満タンの状態で2日間、電気を供給できるという。

 協定締結時の3月、同FMのアンテナを備える鯖江市西山公園で訓練放送を行ったが、機材のない場所からの出張放送は初となる。

関連記事