沖縄県名護市辺野古沿岸部の土砂投入に反対し、共同記者会見するNGO関係者ら=20日午後、国会

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で政府が着手した埋め立て土砂の投入に反対する非政府組織(NGO)など8団体が20日、東京都内で共同記者会見を開き「民意を踏みにじるな」「即時停止を」と訴えた。

 人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」の伊藤和子事務局長は、移設反対派の玉城デニー氏が沖縄県知事に当選したことなどを念頭に「沖縄の民意や人々の権利を踏みにじっていいのか。政府が建設を強行して環境を破壊している」と主張した。

 NPO法人アジア太平洋資料センターの高橋真理氏は「人々の普通の暮らしが大切にされる社会であってほしい」と強調した。

関連記事