オープンに向け準備が進む「すまいるスケートハピリンク」=12月19日、福井県福井市のハピテラス

 福井県福井市のハピテラス冬季恒例のアイススケート場「すまいるスケートハピリンク」が12月21日午後2時にオープンする。今季は年末年始の営業時間を拡大するほか、新企画のアイスホッケー体験会を開催。気軽に楽しんでもらおうと、初日は初めて無料開放する。

 イベントの誘致が難しい冬場に継続的なにぎわいをつくろうと、市の第三セクターまちづくり福井が2016年度から設置。初年度は約1万500人、17年度は約1万2900人が楽しんだ。

 アイスホッケー体験会は1月7日の午前10時半~正午。県立大アイスホッケー部の指導でドリブルやシュート、パスを体験する。小学生対象で、低学年コースと高学年コースがある。

 子ども向けのフィギュアスケート教室は福井市の元全日本強化選手、生駒順子さんらが指導する。氷に慣れることから始める入門編と、簡単なスピンやジャンプを習得するレベルアップ編がある。2月9日には関西大アイススケート部のショーが開かれる。

 営業は2月11日まで。平日午後2時~8時、土日祝日(元日を除く)と大みそかは午前10時~午後8時。12月29、30日、1月2日の3日間は午前10時から午後10時まで。1、2月の水曜日は無料スケート教室がある。

 料金は靴代込みで小学生以下500円、中高生700円、大人千円。手袋の着用が必要で、受け付けでも販売している。教室はハピリンクのホームページなどから事前申し込みが必要。問い合わせはまちづくり福井=電話0776(30)0330。

関連記事