バドミントンのワールドツアーファイナルの女子シングルス準決勝、奥原希望と対戦する山口茜=12月15日、中国・広州

 バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル第4日は12月15日、中国の広州で行われ、女子シングルスの決勝トーナメント準決勝で山口茜(福井・勝山高出身、再春館製薬所)は、奥原希望(日本ユニシス)と対戦。0-2で敗れ、2連覇を逃した。

 山口は第1ゲームを17-21で落とすと、第2セットも14-21で取られ、ライバルに圧倒された。

 WTファイナル1次リーグのA組に入った山口は初戦で世界選手権2位のシンドゥ・プサルラ(インド)にストレート負けを喫したものの、第2戦で米国選手に勝利。3戦目は相手が途中棄権したため、2勝1敗の2位で準決勝に進んでいた。

 一方の奥原は1次リーグ連勝スタートで早々に突破を決め、3勝で1位通過を果たしていた。決勝ではプサルラ対ラチャノック・インタノン(タイ)の勝者と対戦する。

 男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)は孫完虎(韓国)に2―0で快勝した。

 女子ダブルスで世界選手権を制した永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は李紹希、申昇チャン組(韓国)にストレート負けした。

 混合ダブルスの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)は王懿律、黄東萍組(中国)に1―2で競り負けた。

関連記事