サッカー北信越リーグ1部のサウルコス福井の運営を新たに担う新会社が2019年1月に設立されるのに伴い、チーム名も一新する方向であることが12月14日、関係者の取材で分かった。

 ⇒【特集】サウルコスの試合や選手移籍情報を詳しく

 新会社は企業経営者ら福井県内有志と県サッカー協会幹部らが準備を進めている。当初、年内の設立を予定していたが安定した経営に向け、議論に時間を掛けたことで年明けにずれ込んだ。

 方針として「オール福井」を掲げ、全県的な盛り上げ、支援の創出を目指す。チーム名については、刷新を打ち出したい考えから改称を検討している。

 現運営母体のNPO法人「福井にJリーグチームをつくる会」は年内で解散する。

関連記事