第91回選抜高校野球大会 21世紀枠9地区候補校

 日本高野連は12月14日、第91回選抜高校野球大会(2019年3月23日から12日間・甲子園)の21世紀枠候補9校を発表し、福井県勢は今秋の県大会で準優勝した金津(北信越)が2年連続で選ばれた。

 ⇒金津高校のこれまでの戦績を見る

 9校は全て公立校で金津のほか、釧路湖陵(北海道)古川(東北=宮城)石岡第一(関東・東京=茨城)清水桜が丘(東海=静岡)八尾(近畿=大阪)平田(中国=島根)富岡西(四国=徳島)熊本西(九州)。出場3校は、一般選考の29校(神宮大会枠を含む)とともに来年1月25日の選考委員会で決まる。

 県勢はこれまで21世紀枠での出場がなく、金津は前回、補欠校だった。今秋は県大会でシード2校を破って準優勝。北信越大会は1回戦で敗れたが、地元園児のティーボール体験会、少年野球チームとの交流会を行うなど積極的な地域交流も評価された。

 齋藤滋監督は「前回の悔しさをバネに再び同じ土俵に立てたことを前向きに受け止め、選考を待ちたい」と話した。選ばれれば、春夏を通じて初の甲子園出場となる。

 21世紀枠は甲子園への出場機会を広げようと、2001年の第73回大会から導入された。練習環境などのハンディ克服、地域貢献などの要素を加味し、全国9地区から1校ずつが候補校として推薦される。

関連記事