ササの葉を付けた竹を使い、本堂の汚れを落とす信徒ら=12月13日、福井県坂井市の成田山福井別院

 福井県坂井市の成田山福井別院で12月13日、年末恒例の本堂すす払いが行われた。僧侶らが1年間の汚れを落とし、本格的な迎春準備を始めた。

 成田山は12月13日を「ご本尊お身拭(みぬぐ)いの日」と定め、本山と全国の別院、分院が一斉にすす払いを行っている。

 この日は冷たい風が吹く中、僧侶や信徒ら約20人が午前8時半ごろから作業を始めた。本尊の不動明王像の顔を白い布で覆い、毎日たく護摩でたまったすすや、ほこりなどをほうきで丁寧に払った。本堂や回廊の天井のクモの巣などは、先端にササの葉を付けた長さ約3~5メートルの竹で落としていった。

 本堂前にはナンテンや葉ボタンで彩られた高さ約8メートルの門松も設置した。同別院は正月三が日で20万人の初詣客を見込んでいる。

関連記事