北陸新幹線のE7系=2014年2月、JR長野駅

 JR東日本が来春のダイヤ改正に合わせ、上越新幹線(東京―新潟間)に投入する新車両の外観に、薄いピンクの「とき色」を使う方向で検討していることが12日、JR関係者への取材で分かった。とき色は新潟県佐渡島で生息する国の特別天然記念物トキの羽にちなんだ色合い。とき色は現行車両にもあしらわれており、引き続き採用することで新潟らしさを演出したい考え。

 新車両は北陸新幹線(東京―金沢)で使用されているのと同じE7系で、来春には3編成が入る。北陸との共通運用となるため、とき色が入る列車や運行する期間は限定的になる見通しだ。

関連記事