福井県と9市の冬のボーナス額

 福井県と県内17市町の公務員に12月10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。管理職を除く県一般行政職員(平均年齢41・0歳)の平均支給額は79万9千円で、昨年同期に比べて1万9千円減った。西川一誠知事は4万7千円減の325万2千円だった。

 支給月数は2・275カ月で、昨年同期比0・05カ月分減った。ただ、夏と冬のボーナスを合わせた年間支給月数は昨年と同じ4・4カ月。今年は昨年と夏、冬の配分が異なっている。

 県の一般行政職員以外では、警察官(平均年齢37・4歳)が昨年同期比1万7千円減の78万1千円。教員(同43・2歳)は同2万7千円減の93万円だった。

 特別職では藤田穣、山田賢一両副知事が255万1千円(昨年同期比3万7千円減)、東村健治教育長は222万6千円(同3万2千円減)。山本文雄県議会議長は227万6千円(同3万3千円減)、県議は195万1千円(同2万8千円減)だった。

 県内9市の管理職を除いた一般職員の平均支給額は、勝山市がトップで75万8269円。次いで福井市が75万3494円、越前市が71万5516円となっている。市長の最高額は福井市長の255万5070円だった。

関連記事