自民党は10日、二階俊博幹事長(79)が東京都内の病院に同日から検査入院したと発表した。4日にインフルエンザと診断され休養していた。熱は下がり回復したものの、診察で高血圧の症状が見つかった。入院は1週間程度だという。

 二階氏は3日から体調不良を訴え、4日以降の自民党役員連絡会や衆院本会議などを欠席した。

関連記事