国際ステーションでの活動について報告した宇宙飛行士の金井宣茂さん(中央)=12月9日、福井県坂井市の県児童科学館

 昨年12月から5カ月半にわたって国際宇宙ステーション(ISS)に滞在した、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の金井宣茂宇宙飛行士(42)のミッション報告会が12月9日、福井県坂井市の県児童科学館で開かれた。金井さんは県内外の小中高生や保護者ら約500人に、ISSでの任務や生活について説明。宇宙への憧れを抱く子どもたちに「宇宙ってそんなに遠くの話じゃないと思ってもらえたらうれしい。大きくなって宇宙の謎を解き明かしてほしい」と呼び掛けた。

 今年2月には、金井さんが活動するISSと同館を結んだ交信イベントが開かれた。この日の報告会では、交信イベントで質問した小学生とともに金井さんが登場。宇宙での任務について、タンパク質の結晶を作る実験や超小型人工衛星の放出、船外活動に取り組んだことなどを分かりやすく説明した。

 会場の子どもたちからは、金井さんに多くの質問が寄せられた。「宇宙で眼鏡を掛けていて大変だったことは」との問いに金井さんは「宇宙服のヘルメットをかぶるときに眼鏡がずれると、そのまま作業をしないといけないので大変ですね」と答えていた。

 報告会に先立ち、JAXAの宇宙日本食に認定された「サバ醤油(しょうゆ)味付け缶詰」を開発した若狭高生3人が金井さんと面会した。サバの缶詰を試食した金井さんは「とってもおいしい」と絶賛。生徒から「星いくつですか?」と問われると「5点満点の6点です」と笑顔で話していた。

 生徒から味付けや粘度にこだわったという説明を聞いた金井さんは「ドラマになりそうですね」と話し、長年にわたる同校の宇宙食開発の取り組みに感心した様子だった。

 ミッション報告会は「ふくい宇宙博」(福井新聞社ゆめ つくる ふくいプロジェクト、県児童科学館主催、JAXA共催)の一環で開かれた。報告会の様子は敦賀市の「福井原子力センターあっとほうむ」で生中継し、約70人が参加した。

 
関連記事