練習試合を終え、整列する日大アメフット部の選手たち=9日、神戸市

 悪質な反則で2018年度シーズン終了まで公式試合の出場資格停止処分を受けている日本大アメリカンフットボール部が9日、神戸大と神戸市内の同校グラウンドで練習試合を行った。日大が学生と対戦するのは処分後初めて。5月の関西学院大との定期戦で反則をした宮川泰介選手は出場しなかった。

 寒空の下、両大学関係者ら多くの観衆が見守った試合は20―20で引き分けた。宮川選手は試合前のウオーミングアップに参加し、試合中は大きな声を出して仲間を鼓舞していた。

 日本大の橋詰功監督によると、今回の遠征は旅行会社の手配や調整を学生が担う、初めての試みで臨んだという。

関連記事