【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は6日、米連邦準備制度理事会(FRB)が来年の利上げペースを落とすことを検討していると報じた。物価上昇圧力が弱まり、利上げの緊急性が薄れてきたためで、今後は経済の状況をみて柔軟に判断していくもようだ。

 FRBはこれまで3カ月に1回という市場関係者が予測しやすい頻度で利上げしてきた。金融政策を決める今月18、19日の連邦公開市場委員会(FOMC)では利上げする方向だが、来年は経済情勢や市場の動向をその都度見極める「データ重視」の手法を検討。その次の利上げ時期は不透明だという。

関連記事