福井県警

 福井県福井市内で薬物事件の捜査中、福井県警から事情を聴かれていた男(45)が逃走した事件で、11月28日の逃走時の混乱の中、県警が捜査対象者の氏名や罪名が記された家宅捜索の令状を紛失したことが12月6日、捜査関係者への取材で分かった。紛失は複数枚に上るとみられ、捜査に関する重大な個人情報が漏えいしている恐れもある。男が持ち去った可能性もあるが、発見されていない。令状の紛失は全国的にも異例で、逃走を許した事態と併せて捜査に問題がなかったかが問われる。

 捜査関係者によると、男は逃走直前、自宅などで薬物関係の捜索差し押さえの立ち会いを求められていた。紛失したのは建物などを調べるための捜索差し押さえ許可状。氏名、捜索先の住所、容疑の罪名、許可した裁判官の名前などが記載され、押印されていた。執行前だった令状も含まれていた。

 県警は罪名などを公表していなかったが、6日夜に覚せい剤取締法違反容疑と明らかにした。

 家宅捜索には対象物件ごとに令状が必要で、逃走時は既に捜索に着手していた。男が逃走したのは、自宅や職場の建物、車などの捜索で、執行と執行の間の任意の聴取時だった。

 男が突然逃走し始めたため、捜査員がその場にとどめようとした際に令状を紛失した可能性があるという。捜査関係者によると「逃走時、現場は混乱していた。どこで紛失したか全く分からない」という。逃走後しばらくして、令状がないことに気付いて探したが、現場や乗り捨てられた逃走車からは見つかっていない。

 県警はその後、裁判所で令状を再取得し家宅捜索を行った。

関連記事