トラファルガー広場で行われたノルウェーが寄贈のクリスマスツリーの点灯式=6日、ロンドン(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】第2次大戦中、ナチス・ドイツに攻撃され占領されたノルウェーを英国が支援したことに感謝し、ノルウェーの首都オスロ市が毎年寄贈している「恩返しのクリスマスツリー」が6日、ロンドンのトラファルガー広場に登場し、点灯式が行われた。1947年から続く恒例の行事は今年で72回目。

 40年にナチス・ドイツの攻撃を受けたノルウェーは英国の支援を得て抗戦したが占領された。英国はノルウェー国王ホーコン7世や閣僚らの亡命を受け入れ、国王らは反ナチス抵抗運動を英国から指揮した。

 点灯式で、オスロ市のボルゲン市長は「友情と平和、感謝のシンボルだ」とあいさつした。

関連記事