気象庁ホームページより(12月7日午前3時)

 福井県内は12月8日夜から9日にかけて寒気が流れ込み、平地でも雪が降り、山間部は数センチの積雪になる可能性がある。中日本高速道路は、北陸自動車道米原ジャンクション(JCT)―朝日インターチェンジ(IC)間などを利用する際に冬用タイヤの装着、タイヤチェーンの携行を呼び掛けている。

 同社は、注意が必要な高速道路の区間として、北陸道のほか、舞鶴若狭道小浜IC―敦賀JCT間、名神高速道路大垣IC―八日市ICなどを挙げている。

 福井地方気象台は6日、雪に関する気象情報を発表し、交通障害に注意するよう促した。福井県は同日、農業用ハウスのビニール取り外しや暖房装置の設置、果樹の枝切りなど農作物や園芸施設の雪害防止対策の徹底を関係機関に通知した。

関連記事