6月に国際宇宙ステーション滞在を終えて帰還した宇宙飛行士の金井宣茂さん(41)のミッション報告会が12月9日、福井県坂井市の福井県児童科学館で開かれる。ステーションでの任務や生活など約5カ月半に及んだ活動について語る。報告会の様子はYouTubeでライブ配信する。

 金井さんは海上自衛隊の医師出身。2017年12月19日から国際宇宙ステーションに滞在し、今年6月3日にロシアのソユーズ宇宙船で帰還した。報告会では、金井さんが取り組んだミッションの説明や、宇宙での実験の成果を紹介。宇宙飛行士を支える人たちによるトークショーもあり、来場者からの質問にも受け付ける。

 報告会は午後1時~午後4時。報告会は宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指し福井新聞社が取り組んでいる「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」と県児童科学館が主催、JAXAが共催する。同館では12月8、9日に「ふくい宇宙博」が開かれており、宇宙体験コーナーや超小型衛星クラフト教室など、親子一緒に宇宙について学べる多彩な催しが繰り広げられている。

 報告会のメイン会場での参加申し込みは締め切ったが、エンゼルランドふくい内のジオエンゼルに設けたサブ会場はだれでも自由に入場可能。報告会の模様をスクリーンを通して観覧することができる。

関連記事