福井大附属義務教育学校西側の駐車場に乗り捨てられた車を調べる捜査員=11月28日午後2時10分ごろ、福井県福井市二の宮4丁目

 福井県福井市内で薬物事件の捜査中、県警から事情を聴かれていた男(44)が逃走した事件で、県警は丸5日が経過した12月3日現在も男の行方をつかめておらず、県外に潜伏している可能性も含めて追っていることが捜査関係者への取材で分かった。

 捜査幹部は同日、福井新聞の取材に「付近の住民の方々を中心に不安を感じていることは事実であり、懸命に捜査している。犯人の発見と身柄確保に全力を挙げたい」とコメントした。

 男は11月28日午前11時ごろ、福井市灯明寺3丁目の会社敷地内で任意の事情聴取中、複数いた捜査員たちの隙を見て、突然車に乗り込み逃走。車は南へ約1キロ離れた同市二の宮4丁目の福井大附属義務教育学校西側にある駐車場で発見された。

 捜査関係者によると男は市内在住で、身長約175センチの中肉。公務執行妨害容疑で逮捕状を取り、全国に指名手配している。捜査幹部は「犯人が凶器を所持していたり、人を傷付けたりするといった情報はない」としている。

 男が逃走を図った現場と車が乗り捨てられた駐車場の近隣には複数の小中学校がある。一部の学校は3日も▽授業以外では校舎外に出ないよう指導▽保護者に可能な限り付き添いを要請▽教員が通学路で見守り―などの対応を取った。教頭らからは「子どもたちのためにも早く捕まえてほしい」との声が聞かれた。

関連記事