奈良県橿原市の橿原神宮にお目見えした「亥」の大絵馬=30日午後

 奈良県橿原市の橿原神宮に30日、来年の干支「亥」の大絵馬がお目見えした。高さ4・5メートル、幅5・4メートル。イノシシの家族が力を合わせ、物事に向かって勢いよく走っていくイメージの絵柄だ。

 イノシシの子ども「うり坊」もあしらわれ、原画を描いた橿原市在住の日本画家藤本静宏さん(63)は「イノシシの獣っぽさを控え、色彩もカラフルにし、うり坊のかわいさを出しました」。

 絵馬を写真に撮り年賀状に使おうと奈良県大淀町から夫婦で訪れた上野邦子さん(73)は「家族で描かれていて、来年は穏やかな年になりそうですね」とうれしそうに話した。

関連記事