ハウス内で色鮮やかに咲くパンジー=11月28日、福井県福井市新保町の見谷ナーセリー

 これから見頃を迎えるパンジーやビオラの出荷が、福井県福井市の園芸農家で進んでいる。赤や黄色のかれんな花が、冬の花壇を鮮やかに彩る。

 同市新保町の見谷ナーセリーは10月初めから出荷を始めた。黄色の花弁に黒の模様が入ったものをはじめ、紫や青、赤など色とりどりのパンジーがハウス内にずらり。小ぶりでかわいらしい紫や白色の花を咲かせるビオラのポットも並んでいる。いずれもスミレ科の1年草で高さ10~20センチに成長し、5~6月ごろまで花を咲かせる。

 11月28日は時折日差しが入る中、従業員らがポットを次々とケースに詰めていった。パンジー約7万鉢、ビオラ約5万鉢を、県内のホームセンターなどに出荷する。

関連記事