敷地内に出没し住人を和ませている白いタヌキ(左)ときょうだい=10月2日、福井県越前町(平井是平さん撮影)

 福井県越前町朝日地区の柿畑に時折、白色のタヌキが出没している。近くの山から下りてきては家族と一緒に柿の木の周りを歩いたり、柿の実を持ち帰ったりする姿が見られ、付近の住人を和ませている。

⇒【写真アップ】柿畑に現れた白いタヌキ

 平井是平さん(68)の自宅に隣接する柿畑。春から子ダヌキのきょうだいとみられる2匹と一緒に姿を現すようになり、全身が白いため初めは子猫だと思っていたという。親ダヌキとともに見かけることもあり「タヌキと仲が良いんだな」と自宅の窓越しに見守っていたところ、いつも一緒に山に帰って行くことから白色の1匹もタヌキだと気づいた。

 「毎年、タヌキは見かけていたけど、白色は初めて」と平井さん。徐々に成長していく姿を半年以上、優しく見つめてきた。妻(65)も「白いから目立つのですぐ分かる。きょうだい一緒でかわいらしい」と目を細める。

 県自然保護センターによると、白色となったのは生まれつき色素のない「アルビノ」とみられ、タヌキでは非常に珍しいという。秋は独り立ちの季節ということもあり、平井さん夫妻は「無事に巣立ってほしい」と笑顔で話してた。

関連記事